ふくらはぎの坐骨神経痛の徴候と症状

坐骨神経は人体の中で最も長い神経です。それはあなたの腰の脊髄に位置していますが、坐骨神経の伸展は下半身の残りの部分を通ってあなたのつま先に至ります。坐骨神経の脚を介して感じることができる問題は、坐骨神経痛と呼ばれます。

坐骨神経痛の最も一般的な兆候は、脚の筋肉全体に痛みです。このタイプの痛みは、根性痛と呼ばれます。根性痛は単に痛みが根神経を伴うことを意味します。痛みは耐え難きからひどいものまでありますが、場合によっては、痛みがあなたの体を通過する電気衝撃のように激しいことさえあります。痛みは、あなたが座っているときに特に感じることができます。くしゃみ、咳、腹筋など、脊柱を屈曲させることを含む何かをすると、それはまた感じることができます。椎間板ヘルニア、関節炎や狭窄した神経に起因する骨の拍動など、いくつかの異なるものが痛みを引き起こす可能性があります。ごくまれに、腫瘍や脊椎とはまったく関係のない健康上の問題が原因でもあります。

坐骨神経は、身体の下半身全体を動かすことができます。当然、あなたの坐骨神経に問題がある場合は、いくつかの弱点を経験するかもしれません。この弱点は、つま先の先端に立ったり、かかとを地面から持ち上げたりすることが困難な場合に発生します。身体部分が眠りにつくときのような感覚に似て、これらの領域全体にうずきが生じることもあります。

坐骨神経は脊椎から伸びる根神経でできているので、麻痺が坐骨神経痛の症状である可能性が非常に高い。 1本の脚では痛みや衰弱、もう一方の脚では麻痺を経験することもあります。これは特に、神経に圧迫されているためにあなたの足と子牛に沿って様々な症状を与えることができます狭い神経に苦しんでいる場合に当てはまります。

あなたが子ウサギで坐骨神経痛の症状を経験する場合は、できるだけ早く医師に診てもらうことが重要です。これらの徴候および症状は坐骨神経痛の診断に用いることができるが、最終的には医師が診断を行う。この状態の自己投薬はお勧めしません。坐骨神経痛そのものは重篤な状態ですが、それはあなたの体に何か他のものが間違っているという兆候かもしれません。医師からの適切な診断と治療だけがこの問題を解決することができます。