脳卒中の匂いと兆候

脳への血流が遮断または減少すると、血流が減少した領域の脳細胞が死滅する可能性があります。幸いにも、症状の発症の24時間以内に受診した場合、被害を著しく減少させる可能性のある治療が存在する。脳卒中の徴候や症状を知ることは特に重要です。ただし、すべての症状が脳卒中を示すために存在している必要はないことに注意してください。懸念がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

あなたがそこにいないもの(臭いのようなもの)のにおいがあれば、それは脳卒中の徴候であるということは、かなり一般的な誤解です。本当じゃない。しかし、脳のどの領域でも脳卒中が起こり得るため、嗅覚が影響を受ける可能性があります。しかし、そこにないものを嗅ぐのではなく、何かを嗅ぐ能力が妨げられたり、匂いに対する反応が変わったりする可能性が高くなります。

脳卒中が起こると、しばしば運動制御に影響を及ぼし、脳卒中の最も明白な徴候の1つは、歩行の困難性の突然の開始です。

あなたの口の中のモーターコントロールも同様に妨げられ、話すのが難しくなるかもしれません。複雑な思考の原因となっている脳の領域が影響を受けていると、発言も難しいかもしれません。

突然のめまいの発症もまた脳卒中を示す可能性があります。

多くの脳卒中の犠牲者は体の片側で麻痺または麻痺を経験する。友人や家族は、片側に筋肉が少し垂れて失われることに気付くかもしれません。

あなたの能力が突然損なわれた場合、つまり、あなたのビジョンがうまくいっていれば、突然、それはストロークを示すかもしれません。

頭痛はいくつかの理由で起こりうるが、顔面痛または認知障害を含む他の症状を伴う非常に急な頭痛は脳卒中の兆候となりうる。