マグネシウム&保水

体の余分な体液が蓄積すると、浮腫、腫脹、浮腫とも呼ばれる保水が起こります。体内のいくつかの重要な機能を担うミネラルであるマグネシウムは、月経前症候群(PMS)に関連する水分保持を緩和するのにも役立ちます。

4番目に豊富な鉱物であるマグネシウムは、体内の300の生化学的機構を調節します。他の多くの役割の中でも、正常な筋肉および神経機能を補助する。

さまざまなナッツ、種子、全粒粉、緑色の葉菜を食事に入れることは、毎日のマグネシウムの必要量を満たすのに役立ちます。他の緑色の野菜の中で、ホウレンソウとスイスチャードは、鉱物の最も豊富な源です。

Journal of Women’s Healthに掲載された1998年の研究では、200mgの酸化マグネシウムを2回の月経周期で投与すると、2ヶ月目の補給時に月経前の体液貯留が有意に減少したことが報告されています。

Mayo Clinicでは、月経前の水分保持を防ぐために、1日に200〜400mgのマグネシウムを服用することを推奨しています。彼らは、心臓や腎臓病に苦しんでいる女性はマグネシウムの補給を避けるべきだと付け加えています。

水分保持は一般に月経前の女性や高ナトリウム食のために起こりますが、1週間以上続くと直ちに注意が必要です。持続的な水分保持は、心臓や腎臓病などの重大な根底にある状態を示すことがあります。