純粋なココナッツオイルの利点

ココナッツオイルは何世紀にもわたって料理の世界で主食となっていましたが、飽和脂肪の含有量が高いために高コレステロールと心臓病を引き起こすと評判が悪かったです。最近では、純粋なココナッツオイルが、様々な治療上の特質および複数の健康上の利点を有する心臓の健康なオイルとして出現しています。

純粋なココナッツオイルには独特の匂いと香りがあり、化粧品、マッサージオイル、ヘア製品、局所適用された医薬品を使用することができ、キッチンキャビネットへの健康的な追加にもなります。ココナッツオイルは90%以上の飽和脂肪と微量の不飽和脂肪(主に脂肪酸の痕跡)で構成されています。ココナッツオイルの飽和脂肪は、ほとんどが私たちの体(特にラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸、ミリスチン酸、パルミチン酸)によってエネルギーに変換される中鎖脂肪酸です。ココナッツオイルには抗酸化物質、ポリフェノール、ビタミン(主にビタミンE)が豊富に含まれています。

純粋なココナッツオイルに関連する健康上の利点は豊富です。ココナッツオイルは、外から使用すると、健康な髪(頭皮をマッサージするために局所的に使用される)の成長、損傷した髪の修復および栄養補給、および健康な頭皮の維持を助ける。それはまた、マッサージの一部として理想的なストレスリリーフを提供することができます穏やかなプロパティがあります。すべての肌タイプに優れたモイスチャライザーであるココナッツオイルは、皮膚炎、湿疹、乾癬などの皮膚症状の症状を緩和するとともに、しわや皮膚のたるみを防ぐのに役立ちます。局所的には、塵、ウイルス、細菌および菌類を防御する保護層を形成するため、感染の予防または治療に役立ちます。

研究者(1988年のBlackburnら)は、ココナッツオイルが甲状腺を刺激するため、有害なコレステロール値を下げる助けとなることを発見しました。適切なレベルの甲状腺ホルモンは、LDLコレステロールをプレグネノロン、DHEA、老化防止ステロイドおよびプロゲステロンに変換する酵素プロセスを刺激し、心臓病、癌、肥満および老化との戦いに必要なものです。この同じ甲状腺刺激は、健康的な体重減少を助けるココナッツオイルの能力に関連しています。ココナッツオイルの中および短鎖脂肪酸は代謝を高め、より多くのカロリーを燃焼させ、不健康な体重を減らすのに役立ちます。

純粋なココナッツオイルは、その抗菌性により免疫強化力を有する。抗菌性脂質はまた、消化を改善し、ビタミンおよびミネラルの吸収を補助することができる。ラウリン酸、カプリル酸およびカプリン酸はすべて抗ウイルス性、抗菌性および抗真菌性を有する。ラウリン酸は体内でモノラウリンに変換され、インフルエンザやヘルペスに有益な抗ウイルス効果をもたらすと広く宣伝されています。抗菌力は、ヘリコバクター・ピロリ(潰瘍につながる可能性があります)やリステリアとジアルジアのような細菌との戦いに役立ちます。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、体からエネルギーに変換されるので肝臓を病気から守るのに役立ちます。肝臓の働きが強く、脂肪蓄積を防ぐためです。また、血糖値をより効果的に使用し、血糖をコントロールし、膵臓がインスリンを分泌する能力を向上させるのに役立ちます。これにより、ココナッツオイルは健全な糖尿病の食事に有望なサプリメントとなります。ビタミンやミネラル(マグネシウムやカルシウムを含む)をより簡単に吸収するためにも役立ちますので、健康な骨や強い歯の維持に役立ちます。