頚部嚢腫腫瘍

嚢胞は、明確な膜を有し、体内で異常に発達した閉鎖された嚢である。それは一般的に良性の腫瘍である。大部分の嚢腫は、癌性、感染性または何らかの構造上の問題を引き起こす場合にのみ、問題がある。頸部嚢腫は、首のいくつかの領域に様々な良性の形成または塊状として存在する。

さまざまなタイプの頸部嚢腫腫瘍がありますが、一般的な症状としては、首に味がかった塊、嚥下障害、頭の動きの困難、時には痛みなどがあります。

これらの形成の原因は、腫瘍そのものと同じくらい広い。いくつかの嚢腫は新生物であり、生理学的機能を果たさない組織の新たな成長を意味する。他の嚢胞は先天性であるが、それらは誕生から存在したことを意味する。

頚部嚢胞腫瘍の診断には、患者の年齢および経過を考慮して、いくつかの要因が関与している。小児では、腫瘤の性質が新生物、炎症または先天性であるかどうかを判断することが重要です。成人患者では、新生物または新成長である可能性が最も高い。ニードル吸引生検を用いて、診断および処置のコースを確立することができる。

皮膚嚢胞は、通常、首の中央領域に位置し、しばしば皮膚細胞および卵胞を含む重複皮膚に付着したしっかりした非癌性腫瘍である。リンパ節や甲状腺の腫大など、その領域に存在する可能性がある他の種類の腫瘤と区別することが重要です。治療は完全な外科的除去である。

甲状腺結節嚢胞は、胸甲状腺管に位置する線維嚢胞であり、中線の頸部塊として提示される。大きな塊は、呼吸や嚥下を困難にすることがあります。感染は痛みを引き起こす可能性があります。しかし、ほとんどの甲状腺結節嚢胞は滑らかで痛みがない。治療は外科的切除であり、しばしば舌骨の一部の除去を必要とする。