スイマーのかゆみをどう扱うか

スイマーのかゆみを引き起こす寄生虫は、水を介して移動し、人間を含む半水生哺乳類に入る。彼らはすぐに人体に入って死ぬが、皮膚に残る。吐き気、かゆみ、赤み、発疹の発疹などは、奇形のアレルギー反応であり、通常は数日後に消失します。メイヨークリニックでは、発疹が1週間続くことがあると警告しています。発疹の原因が不明な場合は、3〜4日以内に晴れていない場合は、子供が泳ぎのかゆみを抱えているか、かゆみが特に深刻な場合は、医師に相談してください。

影響を受けた部分に滑らかなカリアミンローションまたは好きなかゆみ止めクリーム。

腫れを軽減し、かゆみを和らげるために推奨されているように、市販の抗ヒスタミン剤を服用してください。

冷たい水できれいな布を湿らせます。ゆっくりと水分の大部分を絞り出し、湿った水洗い布をかゆみのある部分に広げます。

厚いペーストを作るために十分な水をベーキングソーダに入れてから、舌圧迫器を使って肌のかゆいところに広げます。

スイマーのかゆみは伝染性ではなく、他人に渡すことはできません。

1〜2杯のオートミールを混ぜたぬるま湯に浸したり、エプソムの塩を浴に溶かしてかゆみを和らげます。

スイミング後にすすぎ落とすことは、スイマーのかゆみを避ける最良の方法の1つです。すすぎができない場合でも、かゆみの重症度を減らすため、少なくともタオルしてください。