ろう者が直面する問題

ろう者は、聴覚の世界にはない難問に直面しており、理解が難しいかもしれません。聴覚障害者が当然のために抱える仕事は、耳が聞こえない人にとっては日常的には困難です。難聴のコミュニティと文化は、これらの障害に対処し、最もよく理解できる人からの支援を提供するツールの1つです。

運転は誰にでも独立感を与えますが、ろう者のコミュニティにとってはさらに強くなるかもしれません。ろう者の運転手は、サイレンや交通騒音を聞くことができないため、自動車を運転する際に注意を払う必要があります。これは、運転中に危険があると警告するために運転手が視界に頼らなくてはならないことを意味します。

聴覚障害者に支持的な家族や友人がいる場合でも、家族や友人グループの聴覚障害者は唯一の人である可能性があります。これにより、聴覚障害者の中には世界で一人で感じることができます。ろう者のためのコミュニティプログラムは、孤独を克服するのに役立ちます。

午前中に起きることは、問題を提起する最初の毎日の活動である可能性があります。多くのろう者は、目を覚ますための技術を習得するために時間を費やす場合、朝に目を覚ますために内部時計を使用することができます。煙探知器、オーブンでのタイマー、さらには電話でも、毎日ろう者のための問題があります。テクノロジーはこれらの困難を緩和するのに役立っています。目覚まし時計は、耳が聞こえない人が目を覚ますのを助けるために、ライトを点灯させたり、振動させることができます。聴覚障害者が電話で通信できるように電話も用意されています。

伝統的な学校環境は、ろう者が通訳者の介助なしに移動することは困難です。聴覚障害者のための特別学校は、若者が他の人とコミュニケーションする方法や聴力障害者として世界を救うために必要なスキルを学ぶのに役立ちます。通訳者のカレッジでの使用は、多くのろう者が学位を取得し、職場で進歩するのに役立ちます。

ろう者としての良い仕事を見つけることは難しいことです。残念ながら、聴覚障害者コミュニティについての誤解があり、聴覚障害者を雇用しない雇用者もいます。ろう者のための求人検索と就職サービスは、これらの懸念の一部を緩和するのに役立ちます。