qチップの危険

Qチップは、米国のユニリーバが製造販売している綿棒の人気ブランドです。彼らは他のすべての綿棒と同じではありませんが、耳をきれいにするためによく使用されます。小児は、誤ったQチップの使用の危険性に曝されている唯一のものではありません。むしろ、Qチップを耳の領域の内側に付ける人は、聴力の喪失ほど重篤な合併症の影響を受けやすい。幸いにも、Qチップは、耳を清潔で健康に保ち、過剰なビルドアップがない唯一の方法ではありません。

Qチップを使用する多くの人々は、耳ろうを探すためにできるだけ深く渇望する傾向があります。これはそれらを使用する主な危険の1つです。その結果、綿棒が内耳に突き当たりすぎて外耳道の脆弱な皮膚に打撲や損傷を与えることがあります。皮膚は乾燥したり、炎症を起こしたり、時間がたつにつれて感染したり、医療処置を必要とする可能性があります。

皮膚の損傷ほど一般的ではありませんが、難聴はQチップを使用する潜在的な危険であり、誤った使用の結果として生じる可能性があります。 Qチップを内耳に押し込むことは、ビルドアップを取り除くのにほとんど役に立たない。実際には、しばしばワックスを運河の中に押し込みます。綿棒の先端からの圧力は耳のドラムを破裂させ、最終的には聴力を失うことがあります。このため、Qチップは耳の外でのみ使用することが安全であることをメーカーに示唆しています。

Qチップは、耳の中で使用するための最も安全なツールの1つです。しかし、彼らは他の目的のために便利になることができます。綿棒は、宝飾品、電子機器およびその他の家庭の隙間を清掃するためによく機能します。子供たちは絵画のようなプロジェクトのために芸術工芸の間にそれらを使うことができます。滅菌状態に保たれている限り、Q-tipsは軟膏や軟膏をやけどや擦り傷などに塗布するのに役立ちます。女性はそれらを使ってメークアップを適用し、指の爪を除去することができます。

耳の健康を最適化するためには少量の耳用ワックスが必要です。ワックスの蓄積は、ほこり、毛髪製品からの破片、および水が外耳道に入り、感染を引き起こすなどの目的を果たします。それでも、過剰な耳のワックスは厄介で恥ずかしいことがあります。 Qチップを使用する代わりに、医者の灌漑またはこの目的のために製造された市販の鉱油滴を使用して、それを取り除く。ヘアピンを含む他のすべての尖ったものは避けてください。