栄養チューブの回収後の平均余命

rense.comによると、栄養チューブの除去による死亡は、「穏やかな死」または「平和な死」になる可能性があります。栄養チューブを外した患者は、わずか10日間以上生存することが予想されます。

プロセスは、チューブが取り外された日に始まります。意識がない患者は、チューブが抜かれたときに不快感を感じることはありません。

身体組織が体液を失うため、患者はより薄く見え始める。目や唇も乾燥して見えるようになります。血圧が下がると、患者の心拍数も上昇します。

患者が意識している場合、この期間中は注意を喚起しなくなります。彼らの呼吸は、速い呼吸の期間とゆっくりとした呼吸の期間で不規則になります。

栄養チューブなしで10日後、患者は昏睡状態にあるように見えるかもしれない。患者は自分の環境に反応しなくなり、非常に脱水したように見えます。

栄養チューブを抜いた後に人が暮らす時間は、体脂肪と体液の量によって異なります。毒素は呼吸筋を無反応にさせ、他の器官システムは機能しなくなります。