喘息患者のための最良の気候

喘息の症状は、トリガーと同様に個人によって異なります。アメリカの喘息アレルギー財団によると、喘息の症状を完全に解消する完璧な場所はありません。しかし、喘息患者にとっては他のものより優れている気候があります。理想的には、喘息患者のための最良の気候は、海の近くにあり、湿度が高く、タバコの煙がなく、空気汚染と花粉が少ない。

海洋に住む人は喘息発作の頻度が低い。海で空気中の塩を吸うと、喘息症状の発症を防ぐのに役立つ治癒効果があります。喘鳴を起こしている人は、単にビーチに座って救済することができます。

喘息症状を緩和するために、気道に閉じ込められた粘液を壊すために、いくつかの人がサウナに行き、または温浴を浴びて蒸気を吸う。湿度レベルは同じ効果があります。湿度が高い場所では喘息患者にとって理想的です。南フロリダはそのような気候の一例です。

喫煙は、特に喘息患者にとっては健康ではありません。タバコの煙は喘息の症状の一般的な引き金ですが、喫煙者に優しい環境に住む人は避けることが難しい場合があります。 COPDインターナショナルによると、オレンジ郡のようなカリフォルニアのいくつかの地域は、厳重な公衆喫煙禁止のために喘息患者が住む良い地域です。

大気汚染は喘息の主要な危険因子の1つです。オゾンレベルが高い場合、喘息発作を防ぐためには、喘息患者が屋内にいることが不可欠です。理想的には、喘息患者は、空気汚染が比較的少ない気候に住むべきである。

花粉、カビ、ほこりおよびペットのふけなどのアレルゲンは、喘息症状の一般的な誘因である。花粉のレベルは季節や気候によって異なるが、後者の3つは制御することができる。喘息患者が1年の特定の時期に花粉濃度が高い地域に住んでいる場合、屋外活動を制限する必要があります。テキサス州マッカレン、ニューヨーク州シラキュースとともに、南フロリダ、南カリフォルニア、ハワイをはじめ、年間を通して花粉濃度が比較的低い気候がいくつかあります。