リンパ節がんの症状

リンパ節、組織に囲まれた小豆様の腺は、リンパ系に沿って人体全体に配置されている。彼らが正常に機能しているとき、リンパ節は体内のリンパ液から細菌と毒素をろ過します。癌がリンパ系に襲われると、リンパ節が罹患し、癌患者は1つ以上の一般的な症状を経験することがある。リンパ節癌(リンパ腫)は、一般に、ホジキン病または非ホジキン病の2つのカテゴリーの1つに適合する。両方の症状は似ています。

リンパ節腫脹の最も早期顕著な症状の1つは、個々のリンパ腺の腫脹を伴う。ネックの側面、脇の下および鼠径部を含むリンパ節が皮膚の表面近くにある身体の部分では、触っても柔らかくてもなくても、隆起または塊状のように感じることがあります。腫れたリンパ節は多くの疾患の症状ですが、医師の注意を喚起する必要があります。

膨大なリンパ節の領域における一般化した圧痛は、より重篤な症状が現れる前に、リンパ節癌の初期段階で起こり得る。アルコールを飲むと痛みが増すことがあります。がんが進行するにつれて、腹部のリンパ節が脾臓の痛みを引き起こし、腹部に圧痛を生じさせ、充血感を引き起こす可能性があります。

食欲の喪失およびその後の体重の減少は、リンパ節癌の進行と共通している。しかし、これらの症状は多くの医学的疾患において一般的であり、医師は患者を検査して別の状態を除外すべきである。

リンパ節がんが発症すると、がん患者は追加の症状に苦しむ可能性があります。原因不明の嗜眠や疲労が一般的であり、患者は低発熱で夜間の発汗や寒さを引き起こすことがあります。一部の患者は、局所的なかゆみ止めクリームによって軽減されないかゆみを経験することがある。胸部のリンパ腺が冒されると、胸部の痛みや咳がリンパ節がんに伴うことがあります。

リンパ系は他の多くの病状に関与しているため、医師は血液検査を注文し、診断を行う前に身体検査を行わなければなりません。彼はまた、胸部および腹部のX線写真を撮り、腫れたリンパ節の生検を行うこともできる。