壊れた手首や骨折した手首を包む方法

手首捻挫は、手首が外傷を受けて関節をどの方向にも大きく曲げたときに起こる一般的な身体的傷害である。外傷が十分に深刻であれば、手首の骨は壊れたり骨折したりすることがあります。壊れた手首の最初の処置は、手首を休め、心臓のレベルより上に手を持ち上げ、傷をつけ、腫れを防ぐために手首を包むことを含むべきである。壊れた手首を包むことで、医師がキャストやブレースを受ける前に安定性と圧迫を提供するのに役立ちます。

圧縮包帯を展開し、クランプを脇に置きます。

手首の骨の部分の下に2回包帯を包みます。あなたが包むように、いくつかの緊張を維持するために包帯を少し伸ばすことを確認しますが、止血帯のようにきつく締めないでください。

手のひら周りの包帯を何度か繰り返して包み込み、手首を巻き上げながら進めます。

手の甲と手のひらの上に包帯を包み、包帯が親指と人差し指の間を移動するようにします。手の周りを包むことは、包帯が動き回って張力を失うのを防ぐのに役立ちます。

ラップがきつすぎると感じたら、手首を解いてからやり直してください。

あなたが包帯の終わりに達するまで、手首の上下に包帯を包み続けます。

包帯の端に2つの包帯クランプをかけて、包帯を所定の位置に保ちます。クランプを適用するには、最初に緩い包帯端に歯を刺し、クランプを引っ張って端が張った状態にし、クランプの他端の歯を包み込まれた手首に押し込みます。

手首の折り返しは、捻挫した手首を圧縮して支持するのにも有用である。