重度の脱水による脳損傷の徴候と症状

重度の脱水は、直ちに処理されなければ死に至る深刻な状態です。重度の脱水症状の徴候は、8時間以内に尿がほとんどまたは全く出なくなり、口の中の唾液が最小限に抑えられ、汗や涙が出ない。脱水は、しばしば病気や肉体的な過度な状態に起因します。シカゴ大学によれば、脱水が迅速に検出され、治療されれば、完全な回復が可能である。しかし、長時間放置しておくと、脱水は熱中症を引き起こし、恒久的な脳損傷を引き起こす可能性があります。

ドレクセル大学によると、重度の脱水は発作と痙攣を引き起こす可能性があります。これは、直ちに治療されなければ、脱水症状が発症する可能性があるという早期の警告兆候です。

メリーランド大学メディカルセンターによると、理解して意思決定を行えない、または能力が損なわれていることは、脳の損傷の徴候です。覚えたり、集中したり、読んだりすることもよくある症状です。さらに、脳の損傷に苦しんでいる人は、その認知能力または身体能力の変化を忘れるか全く知らないかもしれない。

行動の著しい変化は、脳の損傷に苦しんでいる人の頻繁な症状です。これは一般にうつ病として現れ、感情の強い表現を含むことがある。うつ病は、状況によるか、または脳の損傷による身体的またはホルモン的変化の徴候であり得る。

脳損傷の徴候および症状には、バランスの欠如および調整に関する問題が含まれる。脳は、所望の動きを、行動を完了するために必要な対応する脳信号と接続することができないことがある。筋肉の衰弱も関与している可能性があります。脳の損傷のさらなる兆候および症状には、発語の鈍化および嚥下困難が含まれる。

脳の損傷と熱中症の一般的な症状は、体の片側に集中している弱さです。弱点は治まっているかもしれませんが、それは永続的な条件である可能性があります。肉体的弱さにはしびれが伴うこともあります。しかしながら、このようなしびれは、弱化した領域に対して常に分離されるとは限らない。

増加した痛み感覚は、脳損傷の症状である。痛みの強さは様々であり、局所的または広範囲に及ぶ可能性がある。 National Stroke Associationによると、痛みの感覚の変化は、損傷した神経によって引き起こされるものではない。むしろ、彼らは脳が情報信号を処理できないことに由来します。残念ながら、この症状は筋肉の衰弱などの他の症状を悪化させる可能性があります。

疲労は、うつ病、痛み、筋肉の衰弱または障害または脳損傷に関連する他の問題によって引き起こされ得る脳損傷の別の症状である。この疲労は一時的または慢性の問題である可能性があります。