山羊の狂犬病の兆候

狂犬病は、温血動物の脳の腫脹を引き起こし、動物から動物への一口または他の接触を通じて広がることができるウイルスである。大量の家畜を扱う場合、狂犬病の1つのケースは、単離されずに素早く処理されれば、すぐに多くのものになる可能性があります。あなたのヤギが犬に噛まれた場合、または狂犬病の動物と接触している場合、予防措置を講じてワクチンを接種するのが最善です。狂犬病が症状を呈すると、すでに治療するのが遅すぎるかもしれません。

狂犬病ウイルスが症状を示す前に、ヤギに長い休眠があるかもしれません。コロラド州立大学の報告によると、狂犬病は、ヤギで症状になるためには、10日から7ヶ月のいずれかを取ることができます。それができれば、潜在的に死を引き起こすのに2〜12日しかかかりません。このインキュベーション時間は、狂犬病ウイルスが脳に移動するのにかかる時間です。一度脳に入ると、ワクチンの効果はあまり低下します。その結果、狂犬病の疑いがある場合でも、ヤギを獣医師に連れて行くべきです。

オハイオ州立大学の報告によると、家畜やペットの狂犬病の主要な形態の1つは「激しい」形態と呼ばれています。ヤギがこの形を発達させると、攻撃的になり、人々や他の動物を攻撃する可能性があります。山羊で最も一般的なのは行動の大きな変化です。これらの行動の変化には、不安、攻撃性、過興奮性、過敏性、緊張感、孤独感、食欲不振および声の変化が含まれ得る。狂犬病を患っているヤギは頻繁に咳をする。

ヤギのこのタイプの狂犬病は、激しい形態に従うか、ヤギが持つ唯一の症状である可能性があります。ヤギのウェブサイトによると、狂犬病の麻痺状態のヤギは泡立つ傾向があり、唾液分泌する傾向があります。この唾液分泌は、他の動物に病気を運ぶことができるので特に危険です。ヤギは飲み込む能力を失い、飲酒や食事をやめることができます。結局、ヤギは麻痺し、治療を受けなくなると死ぬかもしれません。

ヤギの狂犬病の主要な合併症は、この状態を他のヤギや死に広げている。ヤギが狂犬病で死亡するには、わずか2日かかることがあります。ウイルスの感染は最も頻繁に噛み付きますが、これは必ずしもそうではありません。多くの形の接触がウイルスを広げる可能性があるためです。余分な一日を待っていると、さらなる感染や早過ぎる死につながる可能性があるので、ヤギで注意してください。