非麻薬性鎮痛薬

痛みの管理は、特定の病状には不可欠です。非麻薬性鎮痛薬は、痛みを和らげるために処方される鎮痛薬のクラスである。軽度から中等度の疼痛管理のために処方された最初の薬です。

鎮痛薬は、痛みが脳によってどのように知覚されるかを変える働きがあります。脳への痛みの経路をブロックしたり、痛みの信号の脳の解釈を変えたりする可能性があります。

アセトアミノフェンおよびアスピリンは、痛みおよび発熱を減少させる非麻薬性鎮痛薬のタイプである。イブプロフェン、ジクロフェナクおよびイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)は、抗炎症性、鎮痛性および解熱性(発熱低下)特性を有する。

非麻薬性鎮痛薬は中毒を引き起こさない。それらはまた、ほとんどの疼痛症状を呈している患者によって良好に耐容され、適切な投与量で摂取された場合に副作用を引き起こさない。

このタイプの鎮痛薬は、軽度から中等度の疼痛の管理においてのみ有効である。慢性疼痛症状に対して効果的な軽減をもたらさない可能性がある。

NSAIDsの処方量を超えると胃腸出血を起こし、高用量で服用すると腎障害のリスクが高くなります。アセトアミノフェンは、肝疾患患者のリスクが高く、処方用量を超えて服用すると肝臓を傷つけることがあります。