閉経周辺症状および黄色排出

閉経前に過渡期が生じるという認識は、女性によって異なる。ホルモンは不均衡になり、体に苦痛を与えます。閉経後の症状は、月経が完全に停止する10〜15年前に起こる可能性があります。女性は実際に閉経期に入る前に閉経周辺期に入ったり出たりする可能性があります。

多くの女性は、不規則な期間、重い出血、まばたき、睡眠障害、頭痛、ドライアイ、膣の変化、脱毛、体重増加、リビドーの喪失または感情的苦痛を経験する。これらはすべて閉経周辺期の共通の徴候である。頻繁に見過ごされる信号には、集中力の欠如および短期間の記憶障害が含まれる。これらの認知効果は、不安、疲労、うつ病、および極端な気分の変化とともに、すべてが閉経周辺期に関連するホルモン変動に遡ることができます。あなたは、あなたの体をバランスのとれた場所に戻すための解決策があることを知るために安心しているかもしれません。医師に相談して、どのようなソリューションが最適かを確認する必要があります。

症状の重篤度は、女性が生涯にわたって体に置く他の外的要因の影響を受けているようです。栄養不良、慢性ストレス、および毎日の運動不足は、3つの主要な増強剤である。喫煙や飲酒などのライフスタイルの選択肢も増幅要因です。多くの女性は、推定された終わりが彼らの再生能力を恐れる。この恐怖はホルモンを混乱させ、身体をバランスの状態から外す。閉経周辺期に女性の体が常に変化したり変動したりするのは正常ですが、それは非常に扱いやすいものです。

エストロゲン濃度が低いと、尿や膣の感染に対してより脆弱になることがあります。異常な粘液または膣から来る他の物質は、共通の問題である。この排出は、しばしば感染によって引き起こされ、しばしば痛み、燃焼、かゆみ、および痛みを伴う排尿を伴う。

徐々に微妙な症状が現れることがあるので、最初はすべてが閉経周辺期に関連していることに気付かないかもしれません。女性の中には症状のために直ちに医師の診察を受けることがありますが、他の女性は重度の変化を経験することができず、単に症状に耐えることができません。熱中症、気分の変化、またはあなたに関係する重い出血など、あなたの人生や幸福を妨げるものがあれば、医師に相談してください。

閉経周辺期は、徐々に移行する過程です。あなたの医師は、年齢、月経歴、あなたが経験している症状や体の変化など、多くのことを考慮に入れています。一部の医師は、あなたのホルモンレベルをチェックするために検査を注文するかもしれません。あなたの医師は、あなたが現在服用しているすべての症状と薬の詳細な説明を知りたいでしょう。あなたが閉経周辺期に入っていることを知らせるための決定的なテストや兆候はありません。

すべての人の治療は、さまざまな側面によって変わります。最高の治療法を医師に相談する必要があります。