包帯を包む方法

包帯はさまざまな生地と形で利用できます。エース包帯、圧迫包帯またはクレープ包帯とも呼ばれる伸縮性包帯は、最も一般的に使用され、適用が簡単です。通常、伸縮性のある生地の巻き上げ長さとして購入し、伸縮性のある包帯を包帯を包んで包帯を包み込み、圧縮を適用して腫脹を軽減し、軟組織損傷を伴う関節の場合にもサポートする手首または足首。

適切なサイズの包帯を選択してください。

手首を包帯で2回回して、手首の内側で開始して仕上げる。圧縮をしっかりと行いますが、締めすぎないように注意してください。

ハンドの後ろ、親指と人差し指の間を包帯ロールを斜めに下ろし、手のひらを横切って手首に戻します。

手のひらの周りに包帯を持ち、反対側に半回転させます。

あなた自身に包帯を適用する場合は、まず親指と人差し指で包帯の端を掴んでください。

包帯ロールを手のひらを横切って、小指の外側の周りに持ち、手の甲を手首に通して手首に戻し、8桁のパターンを完成させます。

手順2〜4を繰り返して、2番目のFigure-8を作成します。

手のひら周りの包帯を1回転させて巻く。

前腕の上腕を少し上に移動させ、各ターンの前の包帯層の半分を重複して循環させる。

包帯の端を包帯クリップで固定します。

適切なサイズの包帯を選択してください。

足の根元にある足のボールの周りに包帯を2回巻いて、足の内側から外側に回ってその場所に固定します。圧縮をしっかりと行いますが、締めすぎないように注意してください。

あなた自身以外の人に包帯を貼る場合は、負傷した身体部分の側に座ったり立ったりして、人の身体に腰掛ける必要はありません。包帯が装着されているときに怪我をしている部分をサポートします。

原則として、あなたの心臓から最も離れた身体部分の端に包帯を包み込み、心臓に向かって作業し、隙間を残すことなく包帯の各ターンを確実に重ね合わせます。

足を丸めて足首に向かって動かし、各ターンの前の層の包帯の半分を重ねる。

かかとと足首の回りを円形に重ねて回し、脚を中耳にします。

包帯の端を包帯クリップで固定する