インスリン抵抗性対インスリン感受性の定義

循環から骨格筋へのグルコースの処分は、インスリンによって行われる。

インスリンは、筋肉組織の表面上の受容体に付着し、グルコースが入ることを可能にする組織の内部区画内の複雑な変化を引き起こす。

インスリンに対する組織応答性は、レセプターがグルコースクリアランスをどのようにうまく成功させるかを意味し、インスリン感受性と呼ばれる。最適なインスリン感受性の場合、高糖摂取後、インスリンは急激に上昇し、グルコースを組織内に迅速に押し込み、次いで消散する。しかしながら、インスリン感受性が低い場合、インスリンの上昇はグルコースを筋肉組織内に押し込むことができないために持続される。

レセプター感受性が低いことは、インスリンと内部細胞機構との間の連絡がうまくいかないことを示す。筋肉からロックされ、グルコースは循環中に上昇したままである。グルコースは高いままであるため、膵臓はさらなるインスリンを生成しなければならず、または循環グルコース処分を完了するためにインスリンを注入する必要がある。

異常に低いインスリン感受性は、インスリン抵抗性と呼ばれる。この場合、組織は定期的にインスリンの活性に抵抗し、循環からグルコースを除去し、最終的に医学的介入を必要とする努力を無効にする。

インスリン抵抗性は、肝臓および脂肪組織においても生じる。これらの組織がインスリンに適切に反応しない場合、グルコースおよび脂肪は循環系に放出される。循環性グルコースおよびトリグリセリドの持続的な上昇は、心臓血管疾患および肥満を引き起こす。