出生前のビタミンの男性への影響

出生前のビタミンには、有益なビタミンとミネラルが豊富に含まれています。また、いくつかのビタミンは、最高のビタミンと最も強力なビタミンです。多くの人々は、出生前のビタミンは成長する赤ちゃんと同様に女性を支えることができるので、誰もが安全に摂取できることを前提としています。しかし、男性と女性の体の間には、出生前のビタミンにいくつかの異なる反応を引き起こす重要な違いがいくつかあります。出生前のビタミンに含まれる多くのビタミンは男性の健康に無害または有益ですが、いくつかのビタミンやミネラルが悪影響を及ぼします。

男性のビタミンD補給は、心臓発作のリスクを低減することが示されています。出生前のビタミンは通常、男性と女性の両方に適切な量のビタミンDを供給します。

男性のビタミンA摂取量の高さ、特に40代と50代の男性は、骨の骨折を劇的に増加させることが示されています。出生前のビタミンには高レベルのビタミンAが含まれているわけではありませんが、出産前のビタミンを飲む前にラベルをチェックすることが重要です。男性は1日900mg以上のビタミンAを持ってはいけません。

妊娠しようとしているカップルでは、​​妊婦ビタミンの葉酸は男性と女性の両方に有益です。男性の葉酸摂取量の増加は、子供の先天異常のリスクを低下させることが示されています。

男性は一般的に、女性のように月経を通して鉄を失うことはないので、女性ほどの鉄を必要としません。出生前のビタミン中の鉄過剰は、男性の胃の痛み、吐き気、便秘を引き起こす可能性があります。高レベルの鉄はまた、男性の心臓病に関連しています。

出生前のビタミンにはビタミンやミネラルだけが含まれていますが、オメガサプリメントも含まれています。オメガ3は亜麻仁油に由来し、男性の前立腺がんのリスクを高めることが示されています。一方、魚油由来のオメガ3は、前立腺がんを抑制することが示されているため、摂取前のビタミンに含まれるオメガ3のタイプを判断することが重要です。