めまいの形而上学的原因

めまきは、まだ動いている間の感覚をもたらすことができるめまいの一種です。身体的および精神的な原因の両方がめまいに起因している。抗うつ薬、血圧薬、違法薬物の使用はめまいを引き起こす可能性があります。物理的にめまいに苦しむ人は、内耳、神経系障害またはメニエール病に影響を及ぼす問題があるかもしれません。めまいの形而上学的または心理的な原因もある。めまいに苦しむ人々は、完全な評価のために医師に相談すべきです。

人生のより実在的な質問のいくつかを把握し始めると、めまいに苦しむことがあります。彼らの人生に意味があるかどうか疑問に思うので、めまいのめまぐるしい感覚を体験することができます。これは、人の空虚感の個人的な感情に起因しています。生死の疑問は、愛する人の喪失に苦しんでいる人や、病気と診断された人がいるときに起こることがよくあります。 Danielle Quinodozの本書「感情的めまい、不安と喜びの間」によれば、プロの精神保健カウンセリングは、これらの激しい感情的な激変に対処する良い方法です。

ジークムントフロイトを含む精神分析者は、不安が一部の人々にめまいを引き起こす可能性があると結論づけている。人々が不安発作に苦しんでいるとき、落ち込みやめまいの感覚がしばしばそれに付随します。不安攻撃は、苦しんでいる人にとって壊滅的なことがあります。この攻撃は、被害者が1人を解雇することを恐れて家を離れることはないので、衰弱させる可能性があります。不安の原因を解決することは、めまいの原因を理解するのに役立ちます。不安は、抗不安薬または抗うつ薬で薬理学的に、あるいは心理的に治療によって治療できると、AFPのWebサイト上のQuinodozおよび米国家庭医学アカデミーは語る。

ナチュロパシーは、めまいを経験する人々が根絶されていないという感覚に苦しんでおり、生活の不均衡を引き起こす未解決の問題を抱えていることを示しています。これは、新しい方向への命を奪うことに対する未解決の気持ちを意味する可能性があります。時には人生の大きな変化を経験した人は、新しい問題に対処するためにめまいに悩まされることがあります。 Naturopathsはめまい患者を自然に治癒しようとします。仲裁は、被害者が生活の不均衡を是正するのを助けると、dherbs.comに言います。