アルコール離脱症状を最小限に抑える

アルコール離脱の症状は、典型的には、アルコールを過度に使用する人が飲み終わったときに起こります。これらの症状は、その人の最後の飲み物の5~10時間後に始まり、最後の日になることがあります。重度のアルコール使用者は撤退を経験する可能性が高く、症状はより重症である可能性がある。アルコール離脱症状の治療は、アルコールからの禁欲を促進しながら、即効性を低下させ、合併症を予防する。

頭痛(アルコールからの離脱症状の最も一般的なもの)は、消費直後に始めることができます。このタイプの頭痛は、通常、脈動し、寺院の近くで発生します。光や音に敏感になることがあります。適切な水分補給は、この場合の頭痛の治療の最良の形態です。彼らはまだ彼らの血中にアルコールを持っている場合、人々は鎮痛剤を服用することに慎重でなければなりません。アセトアミノフェンなどの鎮痛剤は、系内のアルコールと組み合わせると危険な作用を及ぼすことがあります。

アルコールは、レム睡眠を達成する身体の能力を崩壊させます。レム睡眠は、身体が完全に休息状態になるために重要です。習慣的なアルコール依存症は、REM睡眠を達成する身体の自然な能力を中断し、したがって、時間の経過とともに、身体の睡眠サイクルは不規則になる。ある人が夜に酒を飲むのに慣れてしまった後、突然飲酒をやめると、眠りに苦しむことがあります。医師は睡眠を誘発するのに鎮静剤を処方するかもしれませんが、定期的な運動、カフェインの回避、睡眠習慣の発達、就寝前の暖かいカフェイン紅茶の飲みなど、不眠症を治療する自然療法もあります。

アルコールの消費は脱水を増加させ、胃の内張りを刺激する可能性があります。アルコールは、体の尿排泄量を増加させることによって体内の電解質の不均衡を引き起こす。適切な水分補給がなければ、体の衰弱、めまい、吐き気を引き起こす可能性があります。吐き気や嘔吐に苦しんでいる人は、十分な量の水を飲むことが重要です。人が水や食べ物を守れない場合は、すぐに医師の診察を受けなければなりません。彼女は適切な体液を必要とし、静脈内に送達される電解質のバランスを取ります。

アルコール離脱に苦しむ人々は、興奮や興奮の徴候があります。重度の症例では、せん妄の徴候を示し、幻覚を経験することがある。これらの症状を経験した個人は、すぐに医療を受けるべきです。医師は不安を治療し、重度のせん妄を軽減するためにベンゾジアゼピンを処方することが多い。この薬は長期的にはアルコールから完全に解毒するのにも役立ちます。